弊所の方針

Our Policy

弊所の方針

お客様の知的財産に関するPDC(※1)をサポートするとともに、 お客様の利益追従を知的財産の面から有効にサポートすることを考えております。
また、複数の弁理士が所属することにより、全ての技術分野(電気、機械、制御、化学、バイオ、 ビジネスモデル)についての相談、出願手続きから権利化等を確実に行うことができます。
さらに、経験豊富な弁理士が数十年業務に専念し、 今後のお客様との継続した長年のお付き合いを行うことを考えております。

お客様の事業を守るため、弊所は弁護士法人 三ツ星と協働関係にあります。
万が一、お客様が知財に関する紛争に巻き込まれた場合でも、知財の専門家と法律の専門家が協力し、迅速に対応いたします。

※1:Plan(計画)Do(実行)Check(チェック)

クレイア特許事務所7箇条

一.見ること博(ひろ)ければ迷わず、聴くこと聡(さと)ければ惑わずの精神を持つ。

一.顧客から個人としてではなく、企業体であるクレイアとしての信用、信頼の獲得を目的とする。

一.組織目標を達成するために、社員は何ができるかを、柔軟な思考と広い視野で考え実行する。

一.感謝と謙虚さと愛と尊重とワンフォアオール、オールフォアワンを持つ。

一.報告・連絡・相談・協力を忘れずに、悪い知らせ程早急に行う。

一.人生の幸せの原点である“仕事・家庭・教養・財産・趣味・健康”を大事にする。

一.人間性を高め、夢を持ち、夢の実現にむけて常に前向きに努力する。

ミッション

・知的創造を飛躍的に成長させ、産業の発達に寄与する。
・顧客からの信頼と尊厳の両立を目指す。
・安心と自己研鑽との両立を目指す。

ビジョン

・知財業界における事務所の個人商店からの脱却
・顧客からの全案件をチーム体で対応し、高品質かつ多面的サービス提供
・所員は、一つ一つの仕事を迅速に厳しさと愛情を持って提供
・所員の成長と共に事務所の成長